全女性におすすめ!映画「食べる女」(ネタバレあり)

映画

こんばんは、さきおです!

人生で初めて公開初日に映画を観に行きました。

その映画は「食べる女」

観たいと思ったきっかけはインスタの広告で映画の予告が流れてきて

直感で「今のわたしに必要な映画だ!」と思い

すぐに公開初日のチケットを予約しました。

 

特にこんな方におすすめ

全女性におすすめですが、特に以下の方にもおすすめです!

・何よりも食べることが大好きな人

・おいしそうに食べる女性が好きな人

・前に進めているのかな?と不安な人

 

「食べる女」あらすじ

敦子(小泉今日子)は、古書店を経営しながら雑文筆家としても活動していた。

古びた日本家屋の一軒家で暮らす彼女は、女性たちを招いておいしいものを好きなだけ食べる宴を開く。

風采の上がらない中年男性との関係に戸惑う圭子(沢尻エリカ)、

何かが足りない恋人に求婚されたことを悩む多実子(前田敦子)、

恋愛で失敗ばかりしているあかり(広瀬アリス)らが集まり、

敦子が振る舞う料理に舌鼓を打っていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

とにかく出演女優が主役級の女優さんばかりで豪華でした。

そんな女優さんたちがおいしそうに楽しそうに

ご飯を頬張る姿が魅力的でした!

 

少しずつでも前に進めている!と少し自分を肯定できる
わたくしごとですが、
最近長年付き合った彼と距離をおきました。
自分の毎日に当たり前にいた彼の存在がいないことが
すごくつらくて、悲しくて。
でも、「少しずつ前を向いていこう」と
頑張って前向きに過ごそうとしていました。
前向きになろうと頑張ってても
やっぱり悲しくなって立ち止まってしまう。
そんな自分の状況に
「少しずつでも前に進めているかな?」と
不安が押し寄せてきました。
映画の最後に、こんなセリフがありました。

 

『私たちはみんな

昨日のまんまの私じゃない

少しずつだけど

前に向かって歩いている』

少しずつでも前に進めているかなと不安を感じていたけれど

「おいしいもの作って食べて、少しずつでも
前に進もうとしている自分すごいじゃん!」

映画を観終わった後、そう自分を少し肯定することができました!

食べることを大切にする人=自分を大切にできる人
この映画を観て、強く思ったことは
食べることは人が生きるうえで欠かせないこと。
そんな食べることを大切にする人は
自分を大切にできる人だと思いました。
だから、落ち込んだ時やつらい時こそ
おいしいものを食べて、自分を大切にしていきましょう!
なにより、おいしそうに食べる人は美しいです。
食欲の秋を楽しみましょう^^

コメント